融資の基礎知識

無担保ローンとは?金利や借入・融資の特徴、メリットについて解説

ローンでお金を借りる際に気になるのが、担保です。もしかすると「ローンを組む=不動産や自動車などを担保にしないといけない」と思っている人が多いかもしれません。しかし現在では、担保を必要としないローンも多数存在します。その代表的なものが「カードローン」です。

そもそも「担保」とは、どういうものなのでしょうか。この記事では、無担保ローンの定義や融資の特徴、メリットについて解説します。無担保ローンはどのような場面で利用すればいいのか、正しい知識を身に付けておきましょう。

無担保ローンとは?

担保とは、お金を借入れた人が返済できなくなった場合に、現金に代えて貸主に差し出すものをいいます。家や土地、自動車、有価証券などが担保の代表的な例として挙げられます。
例えば、自動車を購入する際に、ローンを組んで買ったとします。これは、分割で購入したのではなく、購入対象の車を担保に購入金額(正確には、購入金額には金利手数料など諸費用が含まれます)を借りて、毎月決めた金額を返済しているのです。このように、担保を設定するローンのことを「有担保ローン」といいます。

一方、本題の無担保ローンは、文字どおり「担保なし」でお金を借りることができる商品です。もし、借入れた人が返済できなくなったとしても、家や土地、自動車などを差し出す必要はありません。その代わり、無担保ローンでは個人の「信用情報」が重要となります。

お金を貸す側からすると、有担保ローンよりも無担保ローンのほうが、担保がない分リスクが高くなります。そこで、借主がきちんと返済できる人なのかどうか、返済能力や信用度をきちんとチェックする必要が生じるのです。チェックする項目としては、年収、職業、雇用形態などが挙げられます。また、借主の申告だけでなく、信用情報機関にも照会が行われます。信用情報機関とは、過去にお金を借入れた履歴や返済状況などを保管している組織です。
このような審査を経て、「きちんと返済能力がある人なのか」「いくらまでなら返済できるのか」などを判断し、初めて融資が可能となります。つまり無担保ローンは、土地や住宅の代わりに「個人の信用」を担保としてお金を貸すサービスともいえます。

無担保ローンの種類

無担保ローンには、どのような種類があるのでしょうか。代表的なものとしては、「カードローン」「銀行系フリーローン」「クレジットカードのキャッシング枠」の3つが挙げられます。それぞれ特徴を見ていきましょう。

カードローン

カードローンには信販・クレジット系、消費者金融系、銀行系など提供する会社によって大別され、それぞれ特徴があります。

カードローンのそれぞれの特徴についてはこちらをご参照ください。

カードローンは借入金の用途は限定されないため、使い道がどのような内容であっても問題ありません。無担保かつ保証人なしで利用でき、利用限度額の範囲内であれば、何回でも繰り返し借入れができます。コンビニのATMでも借入れができるため、利便性は非常に高いといえるでしょう。

カードローンの申し込み方法について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

銀行系フリーローン

多くの銀行では、カードローンとは別に無担保型のフリーローンも提供しています。銀行によっては「多目的ローン」など、別の商品名をつけているところもあります。

フリーローンは、使い道は自由ではあるものの、お申し込みの際に「借入金の用途」を申告しなければならないケースが多いようです。利用枠の範囲内で繰り返し借入れることができるカードローンとは異なり、借入れは1回限りで、追加の借入れはできないしくみになっています。また、カードローンに比べると、審査にやや時間がかかる傾向があります。

フリーローンとカードローンの違いについてはこちらをご参照ください。

クレジットカードのキャッシング枠

ほとんどのクレジットカードには、ショッピング枠のほかに「キャッシング枠」が付帯しています。このキャッシング枠も、無担保ローンのひとつです。
クレジットカードにキャッシング枠があれば、新たにカードを申し込むことなく借入れできますし、使い道も自由です。一方で、金利がやや高め、利用限度額もそれほど大きくないなど、ほかと比べた場合のデメリットもあります。

無担保ローンの3つのポイント

無担保ローンには、どのような特徴があるのでしょうか。審査のスピード、信用情報の影響、使い勝手の良さなど、有担保ローンと比較した際に挙げられる特徴を3つ紹介しましょう。

1 審査から融資までのスピードが早い

住宅ローンなどの有担保ローンの場合、「担保となる対象物」および「借入れる人」に対し、しっかりとした審査が実施されます。そのため、審査に時間がかかり、借入れまでに一定の期間が必要となります。

一方、無担保ローンの場合は、借入れる人に対する審査はあるものの、担保となるものが存在しません。その分の審査がないため、有担保と比べた場合に借入れまでのスピードは早いといえます。

2 借入れる人の信用情報の影響が大きい

先に説明したとおり、無担保ローンは「個人の信用」を担保にお金を貸付するサービスといえます。そのため、審査においては、年収や勤務先、雇用形態など、本人の属性による影響が大きくなります。
また、クレジットカードやカードローンでの取引履歴も審査の対象となります。もし、過去に返済の遅延などがあった場合は、審査に影響を及ぼす可能性があります。

3 生活のあらゆるシーンで使える

住宅ローンなどの有担保ローンは、あらかじめ使い道が限定されています。従って、借入れたお金をほかの用途で使用することはできません。

一方、無担保ローンの場合は、例えば家具やインテリアの購入、旅行、パソコンの購入、結婚式の資金、引越しの資金など、自由に使うことが可能です。
特にカードローンは、限度額の範囲内であればいつでも借入れ、返済ができるという特徴があります。その点は有担保ローンに比べて、利便性が高いといえるでしょう。

三井住友カードのカードローンならご利用枠最大900万円、最短で当日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMが利用できます。詳細はこちら。

無担保ローンは利便性の高さを活かして利用しよう

無担保ローンは有担保ローンに比べてスピーディーに借入れができ、利便性は高いといえます。
ただし、借入れたお金はいずれ返済する必要があります。特にカードローンは、いつでも借入れができる反面、「いくら返済しなければいけないのか」がわからない状態に陥ってしまう可能性もあり、注意が必要です。
無担保ローンの特徴をきちんと理解した上で、計画的な利用を心掛けましょう。

よくある質問

Q1:担保がいらないローンって何ですか?

担保がいらないローンとは、家や自動車などを担保にせず、個人の信用情報のみでお金を借りられるサービスのことです。「無担保ローン」とも呼ばれ、カードローンもそのひとつです。

無担保でお申し込みが可能。利用限度額は900万円までで、最短当日の借入ができる

Q2:無担保ローンにはどんなものがありますか?

代表的な無担保ローンには、「カードローン」「銀行系フリーローン」「クレジットカードのキャッシング枠」の3つがあります。このうち、最も利便性が高いといえるのはカードローンです。

最短当日の借入が可能。全国の銀行・コンビニATMで利用できる

Q3:無担保ローンのメリットは?

無担保ローンのメリットは、「審査から融資までのスピードが早い」「借入れる人の信用情報の影響が大きい」「生活のあらゆるシーンで使える」の3点が挙げられます。

最短当日の借入が可能。使用目的は問わない無担保ローン。全国の銀行・コンビニATMで利用できる

About the author

daoge

Leave a Comment