融資の基礎知識

借金返済の2つのNGとは?複数の借入も「おまとめ」ですっきり解決!

借金の返済は、返済先が1社ならそれほどトラブルにはなりません。しかし、借入先が複数になってくると、返済日がいくつもあったり、月のご返済額が大きくなったりして負担も大きくなり、返済トラブルも起こりやすくなります。
ここでは、やってはいけない返済の仕方と、複数社からの借入をスムーズに返済するための方法のほか、複数の借入を一本化する「おまとめ」の特徴と選び方についてご紹介します。

借金返済時にやってはいけない2つのこと

借金は、借入時に決めた返済ペースを守って、コツコツ返していくのが基本です。借入先が複数の場合はもとより、1つであっても、やってはいけないことが2つあります。
1つ目は毎月の返済額を他社からの借入で返すこと、2つ目は毎月利子だけを支払い返済したつもりになること。このような返し方をしていると、深刻なトラブルにつながりかねません。まずは、借金返済時にやってはいけない2つのことについて、詳しくご紹介します。

月々の返済額を他社からの借入で返す

借金の返済が苦しくなったとき、とにかくその月の返済期限に間に合わせるために、ほかの会社から借りて返済するということをしがちです。しかしこれは借入額を膨れ上がらせる大変危険な行為です。

例えば、A社から100万円の借入があり、毎月3万円の返済をしているとします。しかし、今月3万円の都合がつかず、B社から3万円を借りたとします。これをA社に返済しても、何割かは利息の支払いにあてられるので、元金が3万円減るわけではありません。しかも、B社には新たに借りた「3万円+利息分」を返済することになりますので、借入の合計額は増えてしまいます。
こうなると、家計から借入を返済するのはさらに難しくなり、月々の返済額を他社からの借入で返すことを繰り返す、悪循環に陥る可能性が高くなってしまうのです。

ほとんど元金が減らない返済額にする

返済は無理のないペースで行うのが基本ですが、月々の返済額があまりに少ないと、利子だけを延々支払って、元金がほとんど減らない場合があります。

例えば、年17.8%の金利で30万円を借りて、毎月7,000円ずつ返済するとします。この場合、最初の12ヵ月は、7,000円のうち元金返済は3,000円以下となり、なかなか元金が減りません。このペースで返済していくと、完済まで5年9ヵ月かかる計算になります。
それでも、支払い続けていけば徐々に返済は進みますが、完済までの5年9ヵ月のあいだに、急な出費がないとも限りません。そこで新たな借入を行った場合、いつまでも返済が終わらなくなります。

月々の返済額を抑えることは確実に返済していく上での選択肢のひとつではありますが、完済までの期間が長すぎると、複数の借入を行うことになりかねずやがて月々の返済額を借金で返すという悪循環にもつながりかねません。借入時にシミュレーションを利用し、無理なく返済できる範囲で借入額を決めましょう。

複数ある借金をスムーズに返済するには?

もし、現状で借入が複数ある場合、スムーズに返済していく方法をご紹介します。次のような5つのポイントを押さえながら計画的に返済しましょう。

1 借入先、残高、利率、返済額の現状を把握する

借入先が複数あると、どこからどれだけ借りているのか、毎月どれぐらい返済しているのかが見えづらくなりがちです。
まずは、借入先ごとに借入の残高、利率、返済期限、毎月の返済額を整理し、現状を正しく把握しましょう。

2 収支状況を把握する

借入の状況が整理できたら、次にすべきは自分の収支状況を把握することです。具体的には、ひと月家計簿をつけ、収入と支出がそれぞれどれくらいあるのかをチェックし、毎月の返済にあてられる額を算出します。

3 借金の返済計画を考える

次に、借入のリストと毎月返済にあてられる金額を見比べて、無理のない返済計画を考えます。現状では返済が難しいようなら、副業やアルバイトをして収入を増やすことや、保険料や携帯電話代などの固定費を見直して、支出を減らすことも検討してみましょう。

4 手元に大きな金額が入ったときは完済や繰り上げ返済をする

臨時収入があったときなど、手元に大きな金額が入った場合は、完済できる借入先を優先的に選んで、借入先を減らしましょう。完済できる借入先がない場合や臨時収入が余った場合は、金利が高い借入先を選び、繰り上げ返済をします。元金を減らすことができるので、その後の返済が楽になります。

5 なるべく利息が少なくなる返済方法や「おまとめ」を利用する

借入が複数ある場合に大切なのは、なるべく利息の支払いが少なくなる返済方法をとることです。
例えば、A社から年利17.8%で20万円、B社から年利15.0%で30万円の借入があり、月の返済能力が3万円の場合、両社に平等に返済するより、できる限りA社への支払いを優先して早く返したほうが支払総額は低く抑えられます。

このとき、「おまとめ」といった方法を使って、借入先を一本化するのもおすすめです。

おまとめのメリット・デメリット

借入先が複数ある場合、返済の負担を抑えるために検討したいのがローンを一本化して「おまとめ」にする方法です。
おまとめとは、1つのカード会社や金融機関から融資を受けて、その融資額で他社分すべての借入を一気に清算し、借入を一本化することです。金融機関などでは「おまとめローン」といったサービスを提供している場合もあります。

おまとめのメリット

おまとめを行うメリットは、主に次の2つです。

  • 借金の管理が楽になる
    借入先が複数あると、どこからいくら借りているのか、いつまでにいくら返済しなければいけないのかを管理するだけでも手間がかかります。借入を一本化すれば、借入の全容把握が容易になり、返済計画を立てやすくなります。
    また、複数あった返済額を1つにすることで、毎月の返済額を減らしやすくなるでしょう。
  • 金利が下がる場合がある
    現在の借入金利より低金利の借入先から新しく借入れておまとめをすれば、最終的に支払う利息分を少なくすることができます。一般的に、ローンは借入金額が大きいほど金利が下がる傾向がありますので、まとめることで金利が低くなる可能性があります。
    例えば、A社から金利17.8%で30万円、B社から金利15.4%で50万円、C社から金利15.0%で30万円の借入がある場合、まとめて110万円にすることでより低い金利で契約できる可能性は十分あります。

おまとめのデメリット

おまとめをすれば、必ず金利を抑えられるわけではありません。おまとめには、下記のようなデメリットもあります。

  • 金利が下がらない場合もある
    おまとめで金利が下がるのは、元の借入金利と新しい借入金利のあいだに金利差がある場合です。新しい借入先の条件によっては、金利が上がってしまうケースもあります。
  • 支払総額が多くなる可能性がある
    おまとめをして借入先が1つになると、毎月の返済額を減らすこともできます。しかし、毎月の返済額を低く設定しすぎると、返済が長引く分だけ利息の支払いが増え、結果的に支払総額が多くなる場合もあるでしょう。

おまとめの選び方

おまとめは、「おまとめローン」などの名称で銀行などが提供するローン専用商品がありますが、個人向け融資サービスであるカードローンを使って行うこともできます。どちらにせよ、現在の借入状況を把握した上で、しっかり金利を下げられるものを選ぶことが大切です。

おまとめを活用して複数の借金をスムーズに返済しよう

借入先が複数ある場合に大切なのは、現在の借入状況と毎月返済にあてられる金額を正しく把握することです。そのうえで、できる限り利息の支払いが少なくなる道を考えて、返済計画を立てることが重要です。
カードローンを使ったおまとめは、借入を整理して管理を簡単にしてくれますし、うまく利用すれば利息分の支払いを大幅に減らすことにも役立ちます。複数の借入がある場合には、ぜひ検討してみてください。

よくある質問

Q1:借金の返し方でNGな方法とは?

借金返済では主に2つ、やってはいけないことがあります。1つ目は、月々のご返済額を他社から借りて返すことです。月々の返済が苦しいからといって、別の会社から借りることを繰り返すと利息が増え、支払総額が増えていくという悪循環に陥ります。
2つ目は、月々のご返済額を低く設定しすぎることです。ご返済額が低すぎると、なかなか元金が減っていきません。そのため、長期借入期間のあいだに急な出費が発生して、借入額をさらに増やす…という状況になりかねないのです。

Q2:借金がすでに複数あるのですが、どうしたらいい?

すでに複数のお借り入れがある場合、まずは現状を整理しましょう。収支を把握したら、次に借金の返済計画を立てます。手元に大きな金額が入りそうであれば、1つでも完済して借入先を減らしたり、金利が高い借入先に対して繰り上げ返済をして、元金を減らしたりします。
また、利息の支払いをできるだけ少なくする返済方法として、複数の借入先を一本化する「おまとめ」もおすすめです。

Q3:おまとめを利用するメリットとデメリットは?

複数の借入先がある場合におまとめを行うメリットには、「借入額の管理が楽になること」「これまでの借入状況よりも、金利が下がる可能性があること」などが挙げられます。ただし、新しい借入先の条件によっては、金利が上がるケースもありますので注意が必要です。
また、おまとめを利用することで毎月のご返済額が減り、負担が軽減されることがあります。しかし、低くしすぎると返済期間が長引き、その分の利息が増えてしまいますので、結果的に支払総額が多くなります。

返済実績に応じて金利が下がるサービスも。三井住友カードの「カードローン」とは?

About the author

daoge

Leave a Comment