融資の基礎知識

借入とは?個人が利用できる借入方法についてわかりやすく解説します

借入とは、お金やモノを借りることです。買いたいものがあるのに手元にお金がない…そんなときに賢くお金を借りるには、借入方法による違いを知っておくことが大切です。
この記事では、知っているようであやふやになりがちな借入の意味のほか、借入方法による違いや借入に限度がある理由などについて解説します。

借入とはお金を借りること

借入の意味を調べると、広義ではお金やモノを借りることを指します。しかし一般的には、銀行や信販・クレジットカード会社、公的機関などからお金を借りることを意味します。

銀行などからお金を借りることを「融資を受ける」などということもありますが、借入と意味は同じです。借りる側から見た場合に「借入」、貸す側から見た場合は「貸し付け」や「融資」と表現します。ですから、銀行から受ける事業資金の融資やカードローンのほか、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、クレジットカードでのキャッシングなどは、すべて借入というわけです。

借入を行うと、お金を貸したことに対する手数料として「利息」が発生します。借りたお金を返済する際には、借入をした金額に、利息分の金額を足して返済することになります。利息の計算方法は、「利息=元金×利率(年利)÷365×借入日数」です。元金は借入れた金額で、うるう年の場合、365の部分が366になります。

お金を借りられる主な借入先

個人がお金を借りる場合、民間企業としては銀行、信販・クレジットカード会社、消費者金融業者などがあります。公的機関としては、住宅金融支援機構や地方自治体などが相談先となるでしょう。それぞれの特徴を、簡単にご紹介します。

銀行

銀行は、企業や個人を対象に顧客から資金を預かる預金業務のほか、お金を貸し付ける融資業務も行っています。
融資業務では住宅ローン、自動車ローン、教育ローンといった目的限定型ローン、借入金の使い道が限定されないフリーローン、カードローンなど、個人向けのサービスを幅広く取り扱っています。

信販・クレジットカード会社

信販会社とは、融資に特化したノンバンク(銀行ではない業者、貸金業者)のことです。信販会社は、クレジットカードを発行しているクレジットカード会社とは本来別のものですが、融資もクレジットカードの発行も行っている会社が多いため、現状あまり違いはありません。
融資業務としては、カードローンとクレジットカードによるキャッシングを提供しています。信販・クレジットカード会社の中には、教育ローンなどの目的限定ローンを扱っているところもあります。

消費者金融業者

消費者金融業者は、貸金業法に則って個人に融資を行っている業者のことです。融資業務としては主に、カードローンのサービスを提供しています。

公的機関

国や地方自治体、住宅金融支援機構などでは、さまざまな個人向けの融資を行っています。利用条件が限られていますが、低金利または無利子での借入が可能です。

お金を借りたい場合の主な借入方法

個人が使用目的を限定されずにお金を借りたい場合、一般的にはカードローン、フリーローン、クレジットカードによるキャッシングの3つの選択肢があります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

カードローン

カードローンは、利用限度額(借入限度額、利用可能枠)の範囲ならいつでも、何度でも借入可能な個人向け融資サービスです。担保なし・保証人なしで利用することができ、銀行やコンビニのATMやネットなどを使って、手軽に借入・返済が可能です。
サービスの提供元により、カードローンは銀行系、信販・クレジット系、消費者金融系の3つに分類でき、それぞれ金利や返済方法の自由度、借入までにかかる時間などが異なります。

・銀行系

銀行系カードローンは、3つの中では最も審査にかかる時間が長く、申し込みから1週間程度かかることもあります。一方、金利は低めに設定されており、メガバンクや地方銀行が提供しているという安心感の高さが特徴です。

・信販・クレジット系

信販・クレジット系のカードローンは、銀行系のメリットを持ちつつ、利便性の高さが特徴です。審査にかかる時間は短く、最短当日に融資可能なところもあります。金利は銀行系と同じくらい低めに設定されていますので、長期借入に向いています。

・消費者金融系消費者金融系カードローンは、審査にかかる時間が非常に短いのが特徴です。最短で、申し込みの1時間後には融資を受けられる場合もあります。また「30日以内に全額返済すれば利息無料」など、無利息期間を設けている業者もあります。一方で、金利は高めですので、短期的な借入に向いています。

消費者金融業者について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

フリーローン

フリーローンは、主に銀行が扱っている個人向けの融資サービスです。基本的に、1度の契約につき借入は1回までとなり、返済期間が設定されています。

クレジットカードによるキャッシング

クレジットカードに付帯するキャッシング機能を使って、借入を行うこともできます。利用するには、あらかじめクレジットカードにキャッシング利用枠を設定しておく必要があります。
カードローンに比べると利用限度額は低く、金利は高めに設定されていますので、短期間で少額の借入をしたい場合に向いています。

クレジットカードによるキャッシングについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

いくらまで借りられる?借入に限度がある理由

信販・クレジットカード会社と消費者金融業者からの借入は、「貸金業法」と呼ばれる法律の対象となります。そのため、貸金業法にある「総量規制」のルールに基づいて、借入額は最大でも「年収の3分の1が限度」となります。これは、他社からの借入残高も含まれます。たくさんお金を借りたくても、借入には厳正な審査がありますし、たとえ審査を通過しても、必ず年収の3分の1まで借りられるとは限りません。これは、多重債務者の発生を防ぎ、利用者を保護するためのしくみなのです。

なお、銀行は銀行法で制限されているため、貸金業法の制約は受けません。つまり総量規制の対象となりませんが、自主規制ルールとしてほぼ同様の規制を設けているところがほとんどですので、借入限度額に大きな違いはないといえるでしょう。

目的に合った借入先を選ぼう

個人で借入をしたい場合、おすすめなのはカードローンです。カードローンには主に3つの種類があり、借入先によって金利や融資までにかかる日数などが異なります。
最終的なご返済額も変わってきますので、自分の目的に合ったカードローンを選ぶことが大切です。

よくある質問

Q1:個人にお金を貸してくれる借入先は?

個人に対して融資してくれる借入先としては、主に銀行、信販・クレジットカード会社、消費者金融業者、公的機関が挙げられます。銀行、信販・クレジットカード会社、消費者金融業者が取り扱っているカードローンは、個人向けの融資サービスとして利便性が高くおすすめです。

Q2:使い道を限定されずにお金を借りられる?

カードローン、フリーローン、カード付帯のキャッシングサービスなどは、使用目的を限定しない個人向け融資サービスです。中でも、信販・クレジット系である三井住友カードの「カードローン」であれば、金利は低めで、融資も最短当日という便利さを兼ね備えています。

Q3:いくらまで借入できる?

信販・クレジット系である三井住友カードの「カードローン」の場合、貸金業法にあるのルールに基づいて、借入額は最大でも「年収の3分の1が限度」となります。

最短当日のお借り入れが可能。ご利用枠最大900万円、全国の銀行・コンビニATMで利用できる

About the author

daoge

Leave a Comment