融資の基礎知識

ローンとは?クレジットとの違いと、賢いローンの選び方

現金を持っていないときにクレジットカードでお買物をしたり、高額な商品を買う際にローンを利用したりする人は多いと思います。

では、そもそも「ローン」とは、どういう意味なのでしょうか。この記事では、「クレジット」との違いとともに、ローンを選ぶ際の注意点について解説します。ローンのしくみや借入先別・目的別の分類、賢いローンの利用方法について理解しておきましょう。

そもそもローンとは?

ローンとは「何かを貸す」「貸付する」という意味です。ただし、これは貸す側から見た視点であり、利用者側から見ると「借入れる」という意味になります。

例えば、住宅や自動車など高額なものを購入する場合のような、一度に大金を用意することが難しい際、ローンを利用すれば、必要なものを必要なときに購入することができます。ローンとは、「銀行や貸金業者、公的金融機関などからお金を借りて、後から少しずつ支払う約束事」といえます。

ローンの分類について

ローンにはさまざまな種類があるため、「どうやって選べばいいの?」「どこから借りればいいの?」と疑問に思うケースがあると思います。ここでは「目的別」および「借入先別」に分類して解説します。

目的別:何のためにローンを使う?

ローンを利用する前に、改めて「どんな目的でお金を使うのか」「利用する頻度」などを考えておきましょう。ローンを目的別に分けると、次の2つになります。

・用途が限定されたローン(住宅ローン、自動車ローンなど)借入金の用途が限定されたローンとしては、住宅を購入する際に使われる「住宅ローン」、自動車を購入する際に使われる「自動車ローン」、教育用資金として使われる「教育ローン」などが広く知られています。
これらは指定された目的以外に借入金を使うことはできません。しかし、フリーローンやカードローンに比べると金利が低く、住宅や自動車など大きな金額を借入れる必要がある場合の助けとなります。

・用途が限定されていないローン(カードローン、フリーローンなど)カードローンやフリーローンは、借入金の用途が限定されていないローンです。どちらも買物や旅行、急な出費など、借入金の用途は問いません。ただし、フリーローンは、基本的に借入金の用途は自由であるものの、「何に使うのか」を申告しなければいけないケースがあります。
なお、会社によって事業用資金としては利用できない場合がありますので、その際は申し込む前に確認しましょう。事業用資金として利用したい場合は、三井住友カードのカードローンなど、用途が事業用でも借入れができるカードローンを選ぶのもひとつの方法です。

三井住友カードのカードローンならご利用枠最大900万円、最短で当日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMが利用できます。詳細はこちらをご参照ください。

借入先別:ローンはどこへ申し込めばいい?

・カードローンやフリーローンなら銀行、信販・クレジット系の会社、消費者金融業者へ一般的に広く使われているローンといえば「カードローン」でしょう。最近では、テレビCMなどで見かける機会も多くなっています。カードローンは銀行をはじめ、信販・クレジット系の会社、消費者金融業者で提供されています。カードローンは使用目的を問われることがなく、借入限度額内で自由に借入れ、返済ができるという特徴があり、とても便利なサービスです。
また、銀行や一部の信販・クレジット系の会社ではフリーローンも取り扱っています。

・住宅ローンや自動車ローンなら公的金融機関や保険会社へ公的金融機関でもローンを取り扱っています。住宅ローンを提供している「住宅金融支援機構」や、主に教育ローンを提供している「日本政策金融公庫国民生活事業」などが有名でしょう。また、一部の生命保険会社、損害保険会社などもローンのサービスを提供しています。

ローンとクレジットの違い

クレジットとは、「商品やサービスの代金を後で支払うこと」を意味します。クレジットカードでショッピングをすると、その代金を一時的にカード発行元の会社が立て替えてくれます。手元に現金がなくても商品やサービスを購入することができる、便利な支払方法といえるでしょう。

一方、ローンの場合は、立て替えではありません。利用者に対して、お金を融資するサービスです。住宅ローンや自動車ローンといった目的別ローンであれば、利用者はお金を借りてその目的を達成します。カードローンは使用目的を問いませんが、利用者がまずお金を借りて、そのお金を使用するという点は同じです。

つまり、利用者の目線で簡単にまとめると、次のようになります。

・クレジット:商品やサービスの代金を後から支払う・ローン:借りたお金を後から少しずつ返す

なお、ほとんどのクレジットカードには、通常の買物で使う「ショッピング枠」とともに、お金を借りることができる「キャッシング枠」が付帯しています。クレジットカードでは、1枚でクレジットとローン、どちらの機能も利用できるということです。

ローンを選ぶ際に確認すべきポイント

自分に適したローンを選ぶ際、重要なポイントが2つあります。それは「金利」と「返済」です。注意点を確認しておきましょう。

利便性が高いほど金利が上がる傾向がある

ローンを選ぶ上で気になる要素は、「融資額の大きさ」「借入れまでのスピード」「手続きの簡便さ」といったところでしょう。一般的に、利便性が高いローンほど、金利は高くなる傾向があります。
例えば、住宅ローンであれば、審査に時間が必要で比較的多くの手間と時間がかかり、使用目的も限定されますが、金利は低めです。一方、カードローンでは、住宅ローンと比べれば審査にそれほど時間がかからず、申込者の手間も極力省かれている上、用途も自由と利便性が非常に高くなりますが、住宅ローンと比較すると金利はやや高めに設定されます。

どちらも一長一短あるため、「どのローンが一番良い」と一概にいえるものではありません。利便性や金利など、さまざまな点を考慮した上でローンを選びましょう。

カードローンの審査や申し込み方法について詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

返済計画、管理のしやすさも考慮に入れて選ぶ

住宅ローンや自動車ローンなど「目的別ローン」の場合は、一度大きな金額を借入れした後、毎月決まった額を返済していく形になります。フリーローンも、借入れは一度きりです。従って、返済計画を立てやすく、管理もそれほど難しくないでしょう。

一方、カードローンの場合は、利用限度額の範囲内であれば、いつでも好きなタイミングで借入れできます。しかし、借入れを重ねていくと「今いくら借入れしているのかわからない」「完済するまで予想以上に時間がかかりそう」など、自分の状況をきちんと確認しておかないと返済に関するトラブルが発生する可能性もゼロではありません。
利用金額や返済すべき残高は各社のウェブサイトや電話で確認できる会社がほとんどですので、そうしたサービスをうまく活用しましょう。

お金の用途やシチュエーションを振り返り、自分に合った選択を

ローンの分類やクレジットとの違い、選ぶ際の注意点について紹介してきました。
ローンを初めて利用する人にとっては、いろいろ不安もあるでしょう。また、どのローンを選べばいいのかわからないという人もいるかもしれません。まずは、お金を借りる目的やシチュエーションを振り返ることが大切です。そのうえで、金利や返済方法も考慮に入れ、自分のライフスタイルに合ったローンを選ぶようにしましょう。

よくある質問

Q1:ローンとは何ですか?

ローンとは、お金に限らず「何かを貸す」という意味です。一般的には、「銀行や貸金業者、公的金融機関などからお金を借りて、後から少しずつ返済する約束事」といえるでしょう。多くの場合、返済時には利息が発生します。

実質年利1.5%~15.0%で利用でき、返済実績に応じて金利が下がるサービスも

Q2:クレジットとローンの違いは?

クレジットとは「商品やサービスの代金を後から支払うこと」、ローンとは「借りたお金を後から少しずつ返すこと」です。クレジットカードはショッピング機能がメインの後払いできるカードで、キャッシング(お金を借りる)機能を付帯できるものもあります。カードローンは、現金の借入に特化したキャッシング専用のサービスのことです。

借入に特化し、ご利用枠最大900万円、最短当日の借入が可能。全国の銀行・コンビニATMで利用できる

Q3:自分に合ったローンを選ぶ際のポイントは?

ローンを選ぶ際のポイントは、「金利」と「返済」です。利便性の高いローンほど、金利が高くなる傾向があります。また、返済計画や管理のしやすさも考慮に入れた上で、お金を借りる目的や自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

最短当日の借入が可能。実質年利1.5%~15.0%で利用でき、返済実績に応じて金利が下がるサービスも

About the author

daoge

Leave a Comment