借り換え・活用法

カードローンの借り換え審査はきびしい?上手に使って利息を減らそう

カードローンの金利はローン会社によって異なります。少しでも金利の低いローンがあれば、そちらに借り換えるというのも、賢明な利用方法です。
しかし、「カードローンの借り換えは審査がきびしい」という噂があります。本当にそうなのでしょうか?メリットとデメリットも含めて、カードローンの借り換えについて解説します。

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、現在契約しているカードローンから別の会社のカードローンに乗り換えることを指します。手順としてはA社のカードローンを新たに契約してお金を借入れ、そのお金で現在契約しているB社のローンを完済する、という形になります。
このように、カードローンの借り換えとは、「B社からA社へ」という一対一の考え方が基本です。複数の借入れの総額を新たにC社から借入れ、すべてのローンを完済する、多対一の借り換えもありますが、この場合は「おまとめ」や「おまとめローン」と呼ばれ、借り換えとは別のものとして区別します。

カードローンを借り換えるメリット・デメリット

カードローンの借り換えには、メリットだけでなくデメリットもあります。それらを理解したうえで、借り換えるべきかどうかを判断することが重要です。
実際に借り換えた後で「やっぱり元に戻したい」と思っても難しい場合もあるので、十分に検討してから行うようにしましょう。

借り換えのメリット

・利息を減らせる現在よりも金利の低いカードローンに借り換えると、それだけ毎月の利息を減らすことができます。借入残高が減らせるわけではありませんが、最終的な返済総額を減らすことにつながります。利息負担が軽くなって収支に余裕が生まれれば、臨時返済で元金を減らしやすくもなるでしょう。そして、少しでも金利が低くなることで、気分的にも楽になるというメリットもあります。

・月々の返済額を減らせる「利息を減らせる」と似ていますが、月々の返済額を減らすことも、借り換えの目的のひとつになります。カードローン各社によって返済方式や毎月の返済額の設定は異なり、同じ借入額と金利であっても、返済総額や毎月の返済額に違いが生じます。今、借りているカードローンではなく、別の会社に変えることで、月々の返済額を減らすことができる場合があるのです。
例えば、元金定額方式から元利定額方式に変えると、毎月の返済額は一定となり、利息分による変動はなくなります。毎月1万円の返済の場合、元金と利息分を合わせて返済額は1万円ですので、元金定額方式で返済していた1万円+利息分よりは、月々の返済額が減る結果となります。また、返済方式は同じ元利定額方式や元金定額方式のままでも、会社によって、毎月の返済額が1万円と設定しているところもあれば2万円としているところもあります。

返済実績に応じて金利が下がるサービスも。三井住友カードのカードローンとは?

借り換えのデメリット

・再審査が必要になる借り換えとなれば、新たにカードローンを申し込むことになりますので、そのための審査を受ける必要があります。すでにカードローンの契約があるからといって、この審査を避けることはできません。
審査基準はカードローン各社によって差があるため、実際に審査に通るかどうかは会社の判断次第です。

・返済総額が増えることがある返済方式の変更によって月々の返済額が減った場合でも、返済総額は増える可能性があります。
例えば、元金定額方式から元利定額方式に変えた場合、毎月1万円+利息の返済が、毎月1万円のみとなるような形で、毎月の返済額は一定となって管理しやすくなり月々の返済額は減ります。しかし、同じ金利の場合、元金定額方式のほうが元金の減りが早く返済総額を抑えられる特徴があるため、元利定額方式だと完済までの全体を通して見ると損になる場合もあるのです。また、同じ返済方式であっても、毎月の返済額が小さくなれば返済期間は延びるため、結果的に支払う利息は大きくなる場合もあります。

カードローンを借り換える際の注意点

カードローンの借り換えにあたって、いくつか注意したいポイントがあります。

借り換えるべきかどうか悩んだ場合

現在、借りているカードローンで、「金利が高い」「毎月の返済が負担」と思ったら、借り換えを検討してみても良いでしょう。
金利が高いと感じている場合、金利はカードローン各社のオフィシャルサイトに掲載されていますので、まずは調べて比較をしてみましょう。ただし、4.0%~14.5%というように、幅のある表記がなされていることがほとんどですので、最高金利で比較して、各社のサイトにある返済シミュレーションツールを使って検討するといいでしょう。
毎月の返済額が負担と感じている場合、まずは現在契約しているカードローンを提供している会社に問い合わせてみることをおすすめします。会社によっては、毎月の返済額を減額する方法を用意している場合もありますので相談してみましょう。相談の結果、現在のカードローンでの継続が難しいということであれば、ほかのカードローンを提供している会社に相談してみましょう。

総量規制で、借り換え審査に通らない場合がある

「借り換えは審査がきびしい」とはよくいわれることですが、「借り換えによって信用情報が問題になり、審査がきびしくなるのでは?」というのは、推測に過ぎません。そもそも、カードローンは申し込み時に使途を確認できないため、審査する会社にとっては通常の審査も借り換えの審査も同じです。もちろん、他社での借入れは確認しますが、借換えを目的としているのかどうかを会社側が知ることはできません。

それよりも借り換えで問題になるのは、「総量規制」というハードルです。
総量規制とは、貸金業法が適用されるカードローンに関する規定で、「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはならない」というものです。つまり、利用者側から見れば、自分の年収の3分の1までしか借入れることができない、というわけです。
複数のカードローンから借入れをしている場合は特に、この総量規制に引っかかり、新規契約ができないということがあります。借り換えで審査がきびしくなるというのは、この総量規制の問題で引っかかってしまい、審査に通らないことが考えられるのです。

借り換えの目的は「月々の返済額」か「返済総額」か

前述しましたが、借り換えによって毎月の返済額を減額した場合、新しい契約先の返済方式や月々の返済額の設定によっては、完済までの返済期間が長くなり、結果として返済総額が割高になってしまうことがあります。
月々の返済額を抑えたいのか、あるいは返済総額を減らしたいのか。それによって、借り換え先のカードローンの選択が変わりますので、金利や返済方式、毎月の返済額をよく見て、返済シミュレーションを必ず行いましょう。

借り換えはよく考えて、カードローンを提供している会社にも相談を

借り換えにはいくつものメリットがありますが、借り換え先の選択によっては返済総額が増えてしまう可能性があります。また、審査に通るかどうかは申し込んでみないと分かりません。それでも、借り換え先の選択を上手に行えば、大きなメリットが得られます。
まずは毎月の返済が苦しい、負担が大きいという状況の場合、現在のカードローンを提供している会社に相談してみましょう。その結果次第で、借り換え先を検討するなど、十分に調査してから行うことをおすすめします。

よくある質問

Q1:カードローンの借り換えとおまとめローンの違いは?

カードローンの借り換えは、現在契約しているカードローンA社から別の会社のカードローンB社に乗り換えることを指します。
おまとめローンは、複数の会社から借入れている総額をC社から借入れて、複数の会社のローンをすべて完済し、C社に一本化することです。

Q2:カードローンを借り換えるメリットとデメリットは?

カードローンの借り換えで得られるメリットは2つです。

  • 利息を減らせる場合がある
  • 月々の返済額を減らせる場合がある

現在よりも金利の低いカードローンに借り換えたり、ほかの返済方式を採用しているカードローンに変えたりすることで、利息や毎月の返済額を減らせる場合があります。

一方、デメリットも2つあります。

  • 再審査が必要になる
  • 返済総額が増える場合がある

借り換えるということは、ほかのカードローンを提供する会社に申し込みをするわけですから、そこで審査を受けることになります。また、借り換えで毎月の返済額が減ったとしても、完済までの返済期間が伸びて返済総額(支払総額)が増える可能性があります。

Q3:どういうときにカードローンの借り換えをしたらいい?

現在、借りているカードローンで、「金利が高い」「毎月の返済が負担」と思ったら、借り換えを検討してみてもいいでしょう。

返済実績に応じて金利が下がるサービスも。三井住友カードのカードローンとは?

About the author

daoge

Leave a Comment