カードローン入門

銀行系カードローンとは?低金利って本当?特徴やメリットを徹底解説

キャッシング専用サービスであるカードローンは、必要なときにすぐにお金を借りられる、とても便利なサービスです。
ただ、一口にカードローンといっても、サービスの提供元によって「銀行系カードローン」「信販・クレジット系カードローン」「消費者金融系カードローン」の3つの系統があり、サービスの内容に多少違いがあります。
この記事では、銀行系カードローンを中心に解説するとともに、借入におすすめの信販・クレジット系カードローンについて紹介します。

ほかの融資サービスにはない銀行系カードローンの特徴とは?

銀行系カードローンは、メガバンクや地方銀行、信用金庫といった金融機関が提供する個人向けの融資サービスです。
銀行が提供する個人向けの融資サービスとしては、ほかにもフリーローンや住宅ローン、自動車ローンなどがありますが、カードローンにはそれらとは異なる特徴があります。
まずは、銀行で提供しているそのほかの融資サービスにはない、銀行系カードローンの特徴について見ていきましょう。

1 担保なし・保証人なしで借入ができる

多くのカードローンは、担保や保証人を用意しなくても利用できます。
これに対して、住宅ローンや自動車ローンは、住宅や自動車そのものが担保となります。また、フリーローンの場合、無担保で利用できるものもありますが、保証人が必要なことが多いです。

2 利用目的を問わない

カードローンで借入れたお金を何に使うかは、その人の自由です。
一方、住宅ローンや自動車ローンは利用目的が限られています。フリーローンは使い道が自由ではあるものの、何に使うのか申告を求められることがあります。

3 いつでも、どこでも、何度でも借入ができる

カードローンは、契約時に設定される利用限度額の範囲であれば、いつでも、どこでも、何度でも自由に借入ができます。
住宅ローンや自動車ローン、フリーローンの場合、借入は1回のみで、追加で借入をしたい場合は、もう一度手続きをする必要があります。

銀行系カードローンのメリット・デメリット

個人向けの融資サービスを提供しているカードローンは、大きく「銀行系カードローン」「信販・クレジット系カードローン」「消費者金融系カードローン」の3つに分けられます。

■3つの個人向け融資のサービスの違い

銀行系信販・クレジット系消費者金融系
融資までの
スピード
金利の低さ
特徴運営元がメガバンクの場合、安心感がある
長期借入向き
金利は低めで高額融資にも対応
長期借入向き
無利息期間を設けている場合がある
短期借入向き

これら3つの個人向け融資サービスのうち、銀行系カードローンならではのメリットとデメリットを紹介します。

<メリット>

  • 最高金利が低めに設定されている
    カードローンの最高金利は、利息制限法によって決まっており、その範囲内で銀行やカード会社、消費者金融業者が、各社の方針にもとづいて自由に決定しています。
    銀行によるバラつきはありますが、銀行系カードローンの最高金利は、総じて消費者金融系カードローンと比べて低めの設定となっています。
  • 安心感が強い
    銀行系カードローンは、信頼性の高いメガバンクや地方銀行が直接、サービスを提供しています。
    メガバンクのグループ傘下となった消費者金融系などもありますが、それらよりもさらに安心感があるといえるでしょう。

<デメリット>

  • 融資までに時間がかかる傾向がある
    カードローンのカード作成時に行われる審査にどれぐらいの時間がかかるのかは、どの系統のカードローンかによって違いが出ます。
    銀行系カードローンは、カードが届くまでに時間がかかる場合があり、遅ければ申し込みから1週間程度かかることもあります。
    信販・クレジット系であれば、最短で当日に借入可能なところもありますし、消費者金融系では最短即日というところもあります。
  • 返済方法の自由度が低い
    銀行系カードローンは、毎月銀行側が指定した日に一定額を返済するのが一般的です。
    一方、信販・クレジット系や消費者金融系カードローンの中には、いくつかの返済日の中から任意で選択できるものや、返済サイクルを自由に設定できるものもあります。

銀行系カードローンは総量規制の対象ではない?

銀行系カードローンと信販・クレジット系カードローン、消費者金融系カードローンとの違いとしてはほかに、「貸金業法が定める総量規制の対象かどうか」というものがあります。

信販・クレジット系カードローンと消費者金融系カードローンは、「貸金業法」という法律に則って融資を行っています。この場合は、総量規制の対象となりますので、借入可能な金額は、最大で年収の3分の1に制限されます。
一方、銀行系カードローンは貸金業法ではなく「銀行法」という別の法律に則って融資を行います。そのため、総量規制の対象にはなりません。
ただし、各銀行で総量規制に相当する自主規制ルールを設けている場合がほとんどですので、必ずしも総量規制を超えた借入ができるとは限りません。

低めの金利や安心感などを享受しつつ、さらに利便性を高めたいのなら、銀行系カードローンのメリットを持ちつつ、融資スピードの速さや返済方法の自由度の高さも持ち合わせた、信販・クレジット系カードローンがおすすめです。
信販・クレジット系カードローンには、次のような特徴があります。

融資までにかかる時間が短い

信販・クレジット系カードローンの融資にかかる時間は、基本的には銀行系とほぼ同じところが多いです。しかし、中には即日融資可能や翌営業日に借入可能なところもあります。

返済の自由度が高い

返済日の選択や臨時返済ができることはもちろん、インターネットや電話での申し込みで毎月の支払額を増額して返済ができるなど、比較的自由に返済の時期や方法を選ぶことができます。

銀行系カードローンと同等の低金利

最高金利は、銀行系カードローンとほぼ同水準。消費者金融系カードローンに比べると、低めに設定されています。

安心感がある

信販・クレジット系カードローンの中には、メガバンクグループが運営母体のところもあり、銀行系カードローンと同様の安心感があります。

独自のサービスを展開するところもある

信販・クレジット系カードローンの中には、「ATM手数料が月数回まで無料になる」「条件を満たせば金利が下がる」など、独自のサービスを展開しているところがあります。

カードローンはお得な信販・クレジット系カードローン

三井住友銀行グループが提供する、三井住友カードのカードローンとカードローン(振込専用)は、先に紹介した信販・クレジット系カードローンの特徴をすべて兼ね備えたカードです。

最短で当日に借入ができる

カード受け取り前に融資が受けられる「初回振込みサービス」を利用すれば、最短で当日には借入ができます。毎月の登録口座からの自動引き落としに加え、ATMや指定口座への振り込みによる臨時返済もでき、毎月の支払額の変更も簡単に行うことができます。
借入・返済には全国の銀行が利用でき、カードローンの場合はコンビニエンスストアのATMも利用できます。わざわざ店舗へ行かなくても、時間を選ばず利用できて便利です。

返済実績に応じて金利が下がる

三井住友カードのカードローンやカードローン(振込専用)では、返済実績に応じて金利が下がる「適用利率引き下げサービス」をご用意しています。これは、返済に遅延がない場合は、返済実績に応じて翌年度利用分から毎年0.3%ずつ、最大1.2%まで利率が引き下げられるサービスです。
例えば、カードローンの金利(実質年率)は、利用枠に応じて1.5~15.0%となっていますが、初年度の利率が9.8%の場合、5年目には最大で8.6%まで金利が下がるのです。

■適用利率引き下げサービスの例

返済実績に応じて金利が下がるサービスも。三井住友カードの「カードローン」「カードローン(振込専用)」とは?

カードローンの特徴を知って、賢く利用しよう

銀行が提供する個人向け融資サービスにもいろいろな種類があるように、同じカードローンでも、銀行系カードローンと信販・クレジット系カードローン、消費者金融系カードローンでは、それぞれ異なる特徴があります。
金利はもちろん、融資までにかかる時間や返済方法などの違いは、使い勝手に直結するところです。ぜひ比較・検討した上で、自分に合ったカードローンを選び、上手にご利用ください。

よくある質問

Q1:銀行系カードローンって何ですか?

銀行系カードローンは、メガバンクや地方銀行、信用金庫といった、金融機関が提供する個人向けの融資サービスです。

信販・クレジットカード系のカードローンといえばこちら

Q2:銀行系カードローンにメリットやデメリットはありますか?

銀行系カードローンのメリットは、最高金利が低めに設定されていることと、銀行が運営しているという安心感です。デメリットとしては、融資までに比較的長い時間がかかる傾向があり、1週間程度は必要になる場合もあることです。また、銀行側が指定した日に、毎月一定額を返済していくことになるため、返済の自由度は低いといえます。

最短で当日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMで利用できる

Q3:カードローンは、信販・クレジット系がおすすめという理由は?

信販・クレジット系カードローンがおすすめの理由は、「融資までにかかる時間が短い」「返済の時期や方法を選べる」「銀行系カードローンと同等の安心感と金利の低さ」などが挙げられます。

最短で当日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMで利用でき、銀行同等の低金利。さらに金利が下がるサービスも。

About the author

daoge

Leave a Comment