カードローン入門

急な出費をどう乗り切る?カードローンがおすすめの理由を解説します

思いもよらないお金が必要になり、「どうしよう!」と困った経験がある人も多いのではないでしょうか。
急な出費の発生は、あまりなさそうで意外とあるものです。日頃からいざというときに備えておくことは、安心した生活にもつながります。
この記事では、急な出費をうまく乗り切るための方法と、急な出費にカードローンがおすすめの理由を解説します。

意外と多い急な出費

急な出費はイレギュラーで、あまり起こらないものと思いがちですが、実はそうでもありません。日常的に発生する出費だけでも、次のようにたくさん挙げられます。

■日常的に発生しがちな急な出費の例

事柄発生時期費用の目安
葬式の香典不定5,000~10万円
友人や同僚、親戚、兄弟の結婚祝い20代~40代が多い2万~10万円
友人や同僚、親戚、兄弟の出産祝い20代~40代が多い5,000~3万円
事故や病気の場合の医療費不定数千円~
家電家具の故障不定1万~3万円
車の故障不定数万~数十万円
水回りの修繕不定4,000~1万5,000円
転勤に伴う引越し不定20万円前後(会社が負担してくれる場合もある)
タクシー代終電を逃したときなど数千~1万円
交通違反の反則金駐車違反をしてしまったときなど駐車違反の場合で1万円前後

結婚・出産はある程度予測がつきますが、数ヵ月のうちに何度も結婚式が重なることもあります。
医療費や車の故障などは、費用が高額になる場合も少なくありません。

特別支出も見落とせない

急な出費は予想外のものですが、うっかり忘れがちな支出として、年に1回などの頻度で発生する特別支出が挙げられます。発生時期や費用の目安ははっきりしているものの、ある程度まとまった金額が必要になるので、日頃から準備しておかないと家計にとって大きな負担です。
特別支出には、主に次のようなものがあります。

■特別支出の例

事柄発生時期費用の目安
車検新車購入から3年目、以降は2年ごと6万~11万円
住民税、国民健康保険料の支払いなど(特に自営業の場合)6月頃に1年分の納付書が届く所得などによって変わる
マンションの更新料2~3年に1度家賃の1~2ヵ月分
帰省費用年末、お盆など数万~十数万円

いざ、必要になってから焦らないように、特別支出もしっかり確認しておきましょう。

急な出費に慌てないためには?

急な出費はいつ発生するかわからないものが多く、その発生時期や頻度をコントロールすることはできません。そこで、いつ発生しても余裕を持って対処できるように、下記のような対策をしておくといいでしょう。

貯金をしておくのがベスト

急な出費対策として最も効果的なのは、予備費専用の口座を作って貯金しておくことです。
急な出費が発生したとき、生活費や貯金の口座から支払っていると、いつの間にか残高が減ってしまいます。「専用口座には少なくとも◯万円を入れておく」と決めて、毎月の給与やボーナスの中からコツコツと一定額を積み立てましょう。急な支出があったときはそこから支払うようにすれば、余裕を持って対応できます。

不要な物の販売やアルバイトで臨時収入を得る

不要な物を売って現金化するのは、お金を得るために最も手っ取り早い方法です。フリーマーケットのアプリなどを使えば簡単に出品でき、買い手を見つけるのも難しくありません。また、アルバイトをしたりウェブを通して仕事を受けたりして、臨時収入を得ることができます。
ただ、不用品の現金化やアルバイト・副業で報酬を得るには、多少の時間がかかります。葬式の香典や医療費といった急な出費には、間に合わない可能性が高いです。

いつでもお金を借りられるようにしておく

急ぎの出費に対応するには、一時的にお金を借りるという手段もあります。個人が利用できる融資サービスとしては、銀行や信販・クレジット会社、消費者金融業者が提供するカードローンのほか、クレジットカードに付帯するキャッシングサービス、銀行が提供するフリーローンなどが挙げられます。ただ、フリーローンは借入まで1週間程度かかるため、急いでいるときには向いていません。

便利なのは、各社が提供するカードローンかクレジットカードのキャッシングサービスです。お得に利用することを考えるなら、キャッシングサービスより借入金利が低めに設定されていることが多いカードローンがおすすめです。
カードローンに申し込んでおき、いつでもお金を借りられるようにしておけば、急な出費でも対応できるようになるでしょう。

急な出費におすすめ!カードローンの特徴

カードローンは、利用用途に制限がなく、担保・保証人なしで利用可能な個人向け融資サービスです。利用限度額内なら何度でも借入れることができます。ローン専用のカードは無料で作ることができ、銀行やコンビニのATMで借入・返済を行ったり、ネット上で手続きを行って自分の口座に振込んだりすることができます。
カードローンの特徴には次のようなものがあります。

発行元によって融資スピードや金利が異なる

カードローンはその発行元によって、銀行系、信販・クレジット系、消費者金融系の3種類に分けられ、種類によって借入までにかかる時間や返済金利、返済方法の自由度、利子無料期間の有無などが異なります。

銀行系カードローンは、金利が低めの設定となっていますが、融資までの時間はやや長めで、早くて当日、遅くて1週間程度かかる場合があります。
消費者金融系カードローンは、最短1時間などのスピード融資が特徴で、初回30日間は無利子といった場合が多いですが、最高金利は法律の定める上限金利に近い数字となっています。
信販・クレジット系カードローンは、金利は銀行系カードローンとほぼ同じ水準で、銀行系よりも短時間での融資が可能なものもあります。

契約しているだけならコストがかからない

カードローンは、お申し込み後に審査があり、それに通過すると契約となります。その際、入会金などの費用はかかりません。
入会後、いくらかでも借入れなければならないという決まりはなく、年会費などもありませんので、契約している状態では一切費用がかかることはないのです。

いざ、急な出費が決まってからカードローンを申し込む場合、融資までのスピード重視で消費者金融系を選んだ場合、金利は高くなりがちです。
時間に余裕があるときに、金利が低めのカードローンを契約しておけば、いざというときすぐに借りられます。借入れなくてもコストはかかりませんので、将来、借りる可能性があるならあらかじめ申し込んでおいたほうが良いでしょう。

三井住友カード「カードローン」「カードローン(振込専用)」がおすすめ

信販・クレジット系カードローンのひとつである三井住友カードの「カードローン」と「カードローン(振込専用)」には、多くのメリットがあります。
利率(実質年利)は、カードローンが1.5%~15.0%、カードローン(振込専用)が1.5%~14.4%ですが、返済の遅延がない場合は、返済実績に応じて翌年度の適用利率を0.3%引き下げる「適用利率引き下げサービス」があります。

■適用利率引き下げサービスのイメージ

利用枠も最大で900万円と十分な額があり、カードローンをお申し込み後、「初回振込みサービス」によって、最短で当日の借入れができます。「カードローン」なら借入・返済に全国のATMが利用できるほか、「カードローン(振込専用)」も口座振込による借入が可能で、便利に利用できます。

三井住友カードのカードローンなら、最短で当日の借入可能。全国の銀行・コンビニATMが利用できます。詳細はこちら。

急な支出が発生する前にカードローンを契約しておこう

急な出費や特別支出の対策としては、日頃から少しずつ貯金をしておくのが一番です。さしあたって必要な現金を調達するには、不要な物を売ったりアルバイトをしたりという方法がありますが、急いでいるなら一時的に借りたほうが良い場合もあります。
あらかじめカードローンの契約をしておけば、必要なときにすぐに使えるため便利です。入会金や年会費といった費用はかからないので、急な支出が発生する前にぜひお申し込みを検討してみてください。

よくある質問

Q1:急な出費には、どのようなものがある?

急な出費には、香典やご祝儀のほか、不慮の事故や病気による治療費などが挙げられます。数ヵ月のうちに複数の結婚式が重なった場合、ご祝儀として1回につき2万~10万円を何度も支出することになるでしょう。貯蓄があるなど資金に余裕がある場合を除き、急な出費は家計にとって大きな負担です。

Q2:急な出費に備えて普段からできることは?

急な出費に備えて、普段から貯金をしておくことがベストです。貯金がない中で急な出費が必要になった場合、「不要な物を売却する」「アルバイトをして臨時収入を得る」といった対処法が考えられますが、時間がかかることがデメリットです。また、カードローンに申し込んでおき、いつでもお金を借りられるようにしておけば、急な出費にも対応できるようになるでしょう。

Q3:急な出費が発生したとき、お金をどこで借りるのがベスト?

カードローンは、契約しているだけならコストがかかりません。契約時に入会金などの費用は発生せず、必ずお借り入れをしなければならないという決まりもありません。三井住友カードの「カードローン」のように、融資スピードが比較的早い上に金利も低めのサービスであれば、急な出費のためにお借り入れをする際にも、安心して利用できるでしょう。

最短当日のお借り入れが可能。金利は1.5~15.0%で、ご利用枠は最大900万円

About the author

daoge

Leave a Comment